【学芸大学 美容院 為になるブログ!】お団子スタイルはシンプルで可愛い!バリエーションも豊富で雨にも強い!

学芸大学美容室a(アップロード)です。

 

 

可愛くまとめるアップスタイルのパターンをいくつか紹介して

どんなシーンにも可愛くいられる手助けをしていこうと思って

画像と解説を用意しました!

 

 

今回はお団子スタイルです。

シンプルだけどいろんなパターンがあり、可愛くも、しっとり大人っぽくもなり

これ一つ覚えると、かなり便利でいろんなシーン使えます。

 

 

444044c670fd53970683f700a467b884

 

 

 

79827af39fbc744527b1c01dad037a72

 

 

 

 

d37133b59343f132298f2880901ba5d0

 

 

 

画像は、上から順番にお団子の位置が低くなっています。

 

高い位置で作ると可愛らしさがでて、低い位置になればクールで大人ぽい雰囲気に

変わっていきます。

 

先ずベースとなるポーニーテールが重要です!

 

これをきっちり作るか、ルーズに仕上げるかで、結ぶ位置に関係なく雰囲気が変わります。

 

きっちり上げる場合はブラシとクシを使ってしっかり面を整えながら、ポニーテールをつくります。

(下を向いてやらない事がポイントです!)

 

ルーズに上げる場合は指をクシがわりに使って上げる方が良いです。

ゴムで縛る前に適度にたるませるように指で束を引っ張りだしてもいいです。

 

次にお団子の部分ですが、これもふわっと柔らかく作るか、きっちり作るかで

見え方が違います。

 

ふわっと柔らかく作る場合は、逆毛を立ててから結んだ芯の部分に巻きつけることが

基本動作になります。

 

きっちりの場合は、逆毛をなしに結んだ芯の部分に巻きつけます。

 

さらにお団子の作り方は沢山あり、ネジって巻きつけるや、ロープ編み、三つ編みなどを

巻きつけるなど、表情が様々です。このアレンジもきっちりなのか、ふわっとゆるくなのかで

お団子の大きさが変わり、雰囲気が全然違います。

 

お団子は芯の部分に巻きつけるが基本なのですが、テールの部分を2つに分けて巻き付けても

良いし、3つに分けて、分けとった束を広げて芯の方に向かって放射状に丸めて留めるなど

いろんな作り方が存在します。特にお団子を大きく作りたい場合は分けて作っていった方が

作りやすいです。

 

最後にポニーテールの結ぶ位置ですが、中心の上、中間、下と、左右の、上、中間、下

等、位置によって雰囲気が様々です!

基本低い位置は落ち着いて見えるが、中心からずらす事で同じ位置でも違って見えます!

例えば、中心の下を、右下に変えるだけでも、少し可愛らしさが出るので、いろいろやってみる事が

大事です!

 

「ポニーテールの作り方、お団子の作り方、結ぶ位置」これの組み合わせでいろんな雰囲気を

作れます!

 

楽しいのでやってみて下さいね~!

 

 

  世田谷区/目黒区/学芸大学駅/美容室a(アップロード)03-5725-3933

 

 

 

 

LINEで送る