【学芸大学 美容院 為になるブログ!】「EPA・DHA・タウリン」は、地肌の透け感を感じた人に!学芸大学美容室a(アップロード)

食事ってついつい忙しいとゆっくり取れないので

 

手軽で簡単に早く済ませるなんて事になってしまいます。

 

ただし、あんまり気を使わないと大変なことになってしましまよ!

 

そうかといっても極端にはNGです。

 

何でもバランスが大事ですね。

 

特に気になるのが魚ですね。

 

体に良いのは分かっているのですが

 

ついつい遠ざかってしまいます。

 

ちなみに学芸大学美容室アップロードのスタッフも

 

あんまり食べてないかな~ハゲちゃったりして~怖

 

そんなお魚ちゃんの話しですよ~

 

 

髪のコシが無くなったり地肌の透け感を感じたら

EPA、DHA、タウリンを積極的に摂って下さい。

 

 

お肉も捨てがたいですが、やっぱり青魚の脂の方が

ぜんぜんいいです!

 

 

毛根や髪に良いみたいですよ!

 

 

特に旬の時季がオススメで、脂がのって美味しい

時期の方が、有効成分が多くて良いみたいです。

 

 

「さば、さんま、いわし、あじ」に多く含まれる

成分「EPA、DHA、タウリン」が、血液中の中性脂肪や

コレステロール値を低下させて血流を良くしてくれるのです。

 

 

青魚には髪の毛のもとである良質なたんぱく質が多く

含まれているので、積極的に食べると髪に良いみたいよ!

 

 

 さらに、タンパク質の分解を助けるビタミンB群のなかで

特に「抜け毛予防や薄毛」に効果があるビタミンB2、ビタミンB6

が含まれています。

 

 

ビタミンB2は、新陳代謝を活発にし、毛母細胞の分裂にも

大事な役割をしています。

 

 

それ以外にも脂肪の分解を助ける働きや眼精疲労にも効いて

「パソコン、携帯電」で目に疲を感じている方は有効です。

(ビタミンB2は、レバー、ウナギ、にも多く含まれる)

 

 

ビタミンB6は皮膚の新陳代謝をサポートします。

特に髪の毛を構成する、ケラチンの生成をサポートするみたいで

健康で美しい髪には必要なビタミンと言えます。

(ビタミンB6は、サケ、マグロ、バナナ、ナッツ)

 

 

次に調理方を紹介します!

 

 

EPA、DHA、タウリンは高温に弱いのでフライはNG!

 

 

ソテーならOK!

 

 

さらに効率的に吸収させるには、オリーブオイルで焼く

良いみたい~!

 

 

ただし、食べた次の日に効果が現れるほどあまくはないので

頑張って続けてみる事が大事ですよ!

 

 

今回は食事の事を紹介しましたが、ケアにも力を入れる事も大事です。

 

一方だけでは追いつかないような気がするかな。

 

 

00edd1db5d5c2d6a68385fae74cee0d4

 世田谷区/目黒区/学芸大学駅/美容室a(アップロード)03-5725-3933

LINEで送る