【学芸大学 美容院 為になるブログ!】もしかしたらカットにも原因があるかもよ!「髪の傷みが治せない」「髪がパサつく」

世田谷区と目黒区の間に位置する学芸大学駅前の美容室a(アップロード)の岸です!

 

 

 

「今回はカットで髪が傷むの?」

 

 

 

なんて質問を受けたので、その件について話しますね。

 

 

 

その方は初めて来店して「カットで髪が傷んだような気がしたので」

 と言っていました。

 

 

 

結論から言ってしまうと “傷みます”

 ただし、傷む条件がありまして、その辺を細かく書くと

 眠くなるので、極力簡単に説明いたします。

 

 

 

「先ず道具の問題!」

 

 

 

これは、切れないハサミで切ると、カットした断面が

 ちぎられたようになり、裂けるチーズのような 感じに

髪も裂けやすくなってしまうからです。

 

 

 

イメージとしては、切れない包丁で刺身を切ると

 断面が「ぐちゃっと」しますよね!

 その反対は「スパッと」切れて、断面がツルツルになっています。

 

 

 

カット専用シザーには、いろんなタイプがあって

 全てにおいて、切れ味が重要です!

 

 

 

要は、担当する側が道具のメンテナンスをしっかり

 行っていないと、カットで髪を傷ませてしまいます。

と!ここまでは、学芸大学駅周辺の美容室は出来ていると思うけどな~

 

 

 

「いや出来てると思いたい!」

 

 

 

「次にテクニックの問題!」

 

 

 

カットのテクニックは、ヘアスタイルと共に進化してきています。

 なので、ヘアデザインに合ったテクニックをセレクトする事が

 とっても重要で、そこを間違ってしまうとヘアスタイルとしては

 完成度が低い状態になってしまいます。

 

 

 

簡単に説明すると、キレイな髪にしたいのに、削ぎ落とす

 カットを多用してしまうと、ツヤ感が無くなってしまうのでNGですね!

 

 

 

逆に、無造作に動かすパンクヘアは、艶と言うよりは

 動きがメインになるヘアスタイルなので、削り取るようなカットを

 

 多用してもOKです。

 

 

 

ただし現在はスタイリング剤も多様化しているので

 何も付けなければパサパサでも、使う物で質感が

 変わってしまうので、便利になっています。

 

 

 

このように、道具・テクニックの二つが

 傷む髪を作る原因になりかねないのです。

 

 

 

「ヘアスタイルのカットって奥がふかいでしょう~」 

 

 

ちなみに”美容室a(アップロード)“では

 

 

 

学芸大学駅周辺の美容室では珍しいオリジナルの

 カットテクニックを使って髪のツヤ感を最大限

 出す方法を用いてます!

 

 

 

スリットカットって言います!次回はそのことについて

 説明しますね~

 82a77d1f491f99dafa9739d0751ac7b0

 

世田谷区/目黒区/学芸大学駅前/美容室a(アップロード)03-5725-3933

LINEで送る